Welcome, Twitter visitor! If you enjoy this post, don't hesitate to retweet!

占術は昔から人々が考え、生活の中に取り込んできました。中国において誕生したとされる風水も古くからある占術の一つです。では風水とはいったいどのような考えを指すのでしょうか?風水の基礎知識を少し勉強してみましょう。
風水は中国で3,000年の歴史を持ち、豊かさを追求した環境学とも呼べる占術です。
古来より人々は安全で豊かに暮らせる土地を求めてきました。中国でも同様で、部族を率いるリーダーは地形を読み、自然の気の流れをつかむことが必要となりました。その過程で誕生したのが「陰陽思想」と「五行説」と呼ばれるものです。陰陽思想とは宇宙の始まりは混とんとした状態で。その対極が陰と陽に分かれるという考えです。陽の性質を象徴するのが男性、天、火、太陽などで、陰の性質を象徴するのが女性、大地、海、夜などです。
一方五行説とはすべての物は木・火・土・金・水の5元素に分類されるという考えです。この5元素はお互いに影響を及ぼし合い、万物が生まれたり消え去ったりすると考えられてきました。
開運のメカニズムは風水においては「陰陽五行のバランスが乱れると人生そのものが乱れ、その人の運気も下がる」とされてきました。逆に言うと「陰陽五行のバランスが整っている人は運気がよくなる」という考えになります。

Magic Wands